コクチョウと仲山

奈良県の車買取り
「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。少し前までだと、看護士と書くと男性を、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。2001年の法律改正を機に、男女とも使える看護師という呼び方に一本化されました。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては看護師の方が上なのだそうです。慢性的に人手が不足している医療分野では一定数以上の需要が常に見込まれるので、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという得難い長所もあるわけです。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気のある診療科や医師のいるところでは待合室に患者があふれるようなことにもなって、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。身につけたいスキルについてもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。止まらない少子高齢化の影響。病院などの医療の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。したがって、今でさえ足りていない看護師ですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも担当看護士が任されます。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。ですが、本業で勤めている病院で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態がどうか、ということのみならず、そのうち、自身の身体や健康のことなどもかなり深く理解できるようになるでしょう。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働基準法に反した行為です。残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死してしまった看護師もいたのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。我が国の法律で、看護師は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。とはいえ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、急を要する場合には、看護師の経験や知識にもよりますが、若干の医療的行為は認められる必要もあるのではないかと考えます。看護師の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと耳にすることがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は求人が途切れるようなことはありません。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丁寧に探してみれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども思った以上に多数存在しますし、そういったところを利用して自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。免許が必要な専門職である看護師は、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといったその人の都合で職場を変えることもありますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど積極性を感じられる理由を挙げたいところです。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。個人病院はどうなっているかというと、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も調べられているのです。技能や知識のみならず、人としての良い面を知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、気をつけないといけません。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。慣れていないと、そんな環境にいい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが世間の相場みたいですね。単にパートの時給としてみると結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、つくづく安い値段ではないでしょうか。常日頃、看護師とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。しかしながら、医療機関の種類や、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。もちろん休みはとることができますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大変多いようです。結婚、出産、そして育児がスタートしたらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。とは言え、近年においてはまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が増えてきており、大きな戦力となっています。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、結構、融通の利く部分があります。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながら大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。病院という場所で働く看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。医師の仕事と看護師の仕事の間の、大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防指導を行ったり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。対する看護師の仕事は、医師の指導に則って、医師が行う診療の補助を行い、患者の看護を行います。オン、オフの期間を調整できて、興味があってしてみたい、という仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。仕事は、単発のものや短期のもの、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、生活が不規則になってしまい、そのうちに体調を崩すこともあるのです。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。